宝くじの当選金ごとの換金方法まとめ

宝くじは当選金額によってルールが違う

maxresdefault-3

多くの人は宝くじで高額当選などしたことは無いので、宝くじ売り場での換金が普通ではないかと思います。

しかし、宝くじは当選金額によって換金方法が異なるので知っておきましょう。

銀行へ行く場合とそうじゃない場合

上記のとおり、売り場でも換金はできますが、当選金額によっては銀行へ行かなくてはなりません。

また、金額にかかわらず交換の期限というものがあります。
宝くじの換金期限は約1年。
その間に受け取り手続きを行なわないといけないのです、過ぎてしまった場合はただの紙切れ、つまりゴミとなり換金はできません、注意しましょう。

ここからは交換方法を金額別にまとめていきましょう。

当選金額5万円以下の換金

この場合は宝くじ売り場での換金手続きが可能ですので多くの方が換金経験があるのではないでしょうか?

takarakuji_01

当選金額5万円を超えるものの換金

5万円を越えるジャンボ宝くじのような場合、みずほ銀行の窓口・全国の受託銀行窓口でしか支払できません。

え?そうなのと思う方は結構いるのでは?

それは統計上、5万円以下しか当たった事がない人がとてつもない人数存在するはずだからです。

この場合は銀行に行きさえすればお金に換えてもらえますが、50万円を超えてくるとさらに面倒くさくなります。

ま、その金額に当選していれば通常は面倒くさくなんて感じないでしょうけど。

当選金額50万円以上の換金

同じように銀行での受け取りとなりますが身分証明書が必要となります。

通常は運転免許証や保険証の提示がないと換金できません。

ただ、それさえクリアすれば即日、当選金を受け取る事が可能となっています。

当選金額100万円以上の換金

上記の条件身分証明書(運転免許証や保険証)の提示に加えて印鑑が必要となります。

また、お金を受け取るまでに数日の時間がかかるようです。

これは宝くじが偽造品でないかなどのチェックが入るのが理由のようですね。

当選金額1000万円以上の換金

換金方法としては100万円以上と変わりはありません。

しかしこの金額くらいになると色々気にしなくてはならないことが出てきます。

一番は税金問題、宝くじの当選金には税金はかかりませんが、きちんと扱わないと大変なことになる可能性もあります。

宝くじの税金

こちらのページに対策が書いてありますのでお読みください。

10億円当選したらどうしますか?

2015年ついに年末ジャンボが前後賞合わせて10億円の金額まで上がりました。

これからも少しづつ上がるかもしれません。

では実際に10億円当たったらどうしますか?

1回くらい現金で10億円見てみたいので家に持ち帰りたい、なんて人がいたらまずやめたほうが良いですね、セキュリティの問題ももちろんですが、運ぶのが大変だからでもあります。

8億円の画像をサンプルで見ていただければわかると思います。

20151219-pc181719

お札は1億円分で約10kgあります、つまり10億円なら100kgですね。

普通に運べる量ではありません。

どうしてもお札のシャワーや札束ベッドをやってみたいという方はリスクを承知で家に1000万円くらいを持って帰り、目いっぱい広げて写真でも撮っておきましょう。

ただし、間違ってもフェイスブックやインスタグラムなどには載せないほうがいいですよ。
ろくなことがありませんし、下手すると事件に巻き込まれます。

では実際にはどうお金を受け取るのでしょうか?

答えはシンプル、その場でみずほ銀行の口座を作る事も出来ますし、もちろん他銀行へ振り込む手続きも出来ます。

現金で全部くださいと言えば可能なことは可能ですが、上記の理由から銀行員さんに止められるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする