宝くじの買い時はいつか

運気が上がるときを見逃さない、宝くじの買い時

fc44bb75410e6e1e1a90fc2f80d8e2f5

宝くじを買う日にこだわりを持って購入した当選者は調査によると10%未満、あなたは宝くじの購入する際の買い時について考えたことはありますか?

宝くじの買い時を高額当選者に学ぶ

実際に、こんなときに宝くじを買ったら高額当選しました、という話を基にいろいろ検証していきましょう。

運気が上がったら宝くじの買い時

184373cd7cd916c55ecb599e996edc9e-718x299

占いなどで金運が上がっているときに購入し高額当選をした方が居ます。

人には運気の波があり、その運気の下降時は何をしてもダメという見方があります。

そして、購入する場所なども占いで見てもらったり、風水で自分にとって良い方角で購入して高額当選した方もいます。

ちなみに一般的に縁起の良い日には下のようなものがあります。

・大安…六曜の中で最も吉とされる日
・天赦日…最上の大吉日。めったにないので、たまにしか買わない人はいいかも
・寅の日…金運招来日と言われる金運に縁のある日
・巳の日…弁財天に縁のある金運や財運に縁起の良い日

不運が続いたら宝くじの買い時

一方で、上に書いたものとは逆の考えもあります。

美輪明宏さんなどがよく口にする「正負の法則」というものがあります。

これは、人生、良いことがあれば悪いこともある、差し引きしたら0になるという考え方です。

つまり、悪いことが続いたんだからきっと良いことが起こるはず、と考え宝くじを購入した方が高額当選された例です。

病気や身内の不幸などが続き、何をやってもうまくいかない日々に「正負の法則」を思い出し、気分転換の意味もあり、宝くじを購入したら高額当選されたそうです。

二つの真逆の考え方、いかがでしょう?

例えばことわざなどでも
・2度あることは3度ある
・3度目の正直
なんていうのは真逆の意味合いですよね?

つまりは考え方ひとつなので、当然どちらがよいなんていうのはありません。

天のお告げを信じて宝くじを購入する

141226-0001

世の中には縁起の良いとされているものが多数あります。

例えば白い蛇や茶柱、フクロウや四つ葉のクローバーなどもそうですね。

たまたまそういうものを見た時が何かの知らせかもしれないと感じ宝くじを購入する方も多数います。大金を手に入れる夢を見た、なんていうのも天の知らせかもしれません。

ただし、森に住んでいればフクロウはしょっちゅう見るでしょうし、蛇の飼育係をやっている人は白い蛇をい見ることもあるでしょう、そんなのではあまり意味がない気はしますよね。

残り物には福がある、的な購入の仕方

行きつくところ人間は欲をかいてはいけないんだ、という人もいます。

残り物には福があるとも言いますし、行ける範囲の宝くじ売り場で、最終日近くに買うという人もいました。

また、人との待ち合わせで駅に行き、待ち時間の間に数枚買った宝くじが当たった方もいます。
まさに無欲の勝利ですね(買ってる時点で欲はありますが・・)

結局当選者に多い購入時期はいつなのか

上のようにいくつか例を出してきましたが、結局高額当選者はいつ買ったかというと、毎回購入している人は別として、たまたま買ってみたという人では統計では運気が上がっていると思った時に買った人に高額当選が多いようです。

日本人の考え方としては、悪いことが起きた直後に当たる気がするポジティブな人は比較的少ないということですかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする