手相占い、金運アップで宝くじに当選しよう

手相占いによる金運判断

金運アップのために様々なことをしたりパワースポットに行ったりするのはよいですね。

しかし人には天運というものもあります。

手相で自分の運命を見て、宝くじが当たった人と何が違うのかを見ていこうと思います。

手相の基本的な見方

手相の基本的な見方と、宝くじの高額当選に関係があるのではないかという金運の良い手相とはどういう手相かを見ていきましょう。

手相は4本の線で構成されている

大まかに言えば手相は以下の4本の線を見ることが重要とされています。

生命線:寿命や生命力、生活の変化を表す線。
知能線:性格や才能、行動傾向を表す線。
感情線:感受性の強さなどを表す線。
運命線:運命をつかさどる線。

他にも様々な線がありますが、通常の手相占いはこれら4本の線が重要視されるのです。

しかし、今回は宝くじ当選に関する金運のお話。これらの線のご説明は割愛させていただきます。

金運に関してはこれらとは違う線がかかわってきますのでそれを解説したいと思います。

金運をつかさどる財産線と太陽線

図の青い線が財産線と言い、金運がどうなのかを手相で判断する線と言われています。

金銭的に成功した人、余裕のある人に現れるといわれる財産線ですから、宝くじの当選にも大きなかかわりを持っているのではないでしょうか。

この財産線は小指部分から縦に流れるラインですが、その横に薬指から同じように縦に流れる太陽線(赤い線)というものもあります。

これは富や名声を得る人など成功者に多い手相と言われています。

素人でもわかる手相での金運の見方

上で述べた通り、財や成功に関する線が2本ならんでいるということです。

つまり、簡単な見方は、小指、薬指付近に縦ラインの手相があるかという判断ですね。

もちろん専門家が見たら太さや長さ、周囲の線との兼ね合いなどもあるでしょうが、簡単に見るにはここを見ればいいでしょう。

高額当選者の手相というのがどこかにリストであればこれら手相に関するデータがもっと面白いものになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする