宝くじの当選確率

宝くじの当選確率はどれくらい?

Kid boy contemplation math thought bubble

宝くじを購入し、高額当選を果たし億万長者になれる人はほんの一部ですが、実際の当選確率はいったいどれくらいなのでしょうか?

宝くじなんて買っても当たらないよという人もいれば、買わなきゃ当たらないでしょ、という方もいますよね、様々な宝くじの当選確率を実際に比較してみましょう。

くじによって当選確率の計算も異なる

何万人に一人の当選確率、など様々ないわれ方がされますが、くじによって当選確率の計算方法も異なります。

というのも購入者の人数で当選金額が変動するものや、キャリーオーバーという持ち越し方式もあるからです。

ジャンボ宝くじの当選確率

宝くじといってまず浮かぶジャンボ宝くじ、売り上げも最も大きいのがジャンボ宝くじですが、そのジャンボ宝くじの場合、1等を当てる確率は、1,000万分の1。

これは、ジャンボ宝くじが、100,000番から199,999番までの10万通りを1組として、01組から100組までを1ユニットとして販売されているからです。

ジャンボ宝くじは通常1枚300円です。

1000万枚購入すれば計算上は1等が当たります。

1枚300円のジャンボ宝くじを1000万枚購入すると購入費用は合計30億円

前後賞を当てても年末ジャンボの10億円でさえ20億円赤字となります。

他のギャンブルと比べると圧倒的に条件は悪いものとなりますが、億万長者を目指すならやはりジャンボ系宝くじになるのでしょう。

ロト7の当選確率

ロト7は37個の数字から7個の数字を選ぶものです。

その組み合わせの総数は10,295,472通りなので、理論上、ロト7で1等が当たる確率は、1/10,295,472ということになりますので若干ジャンボ宝くじより確率は悪いものとなります。

しかも1等の当選金額は3億円から4億円、ジャンボ宝くじの前後賞を含めたものと比べると低いものとなりますね。

ただ、数字を自分で選んだり、キャリーオーバーがある点などジャンボ宝くじとは楽しみ方自体が異なるものです。

どういう基準で宝くじを購入するかはあなた次第!

ロト6の当選確率

ロト6は、43個の数字から6個の数字を選ぶものです。

その組み合わせの総数は6,096,454通りなので、理論上、ロト6で1等が当たる確率は、1/6,096,454となります。

最高当選額は2億円でキャリーオーバーしたとしても最高当選額は4億円が上限となります。

2億円もあれば普通に生活していれば一生暮らせる金額だと思いますので、そこが狙いならジャンボやロト7を買うよりは当選確率が高いので、ロト6一本で勝負し続けるのもありですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする