宝くじ保管場所

風水から学ぶ宝くじの保管場所

Compass Direction Background

宝くじを購入したはいいけどどこに保管しておくのがよいのでしょう?

そもそも宝くじは購入後に当たりの決定が行われるわけですから、その決定日までは当たっているか外れているかは決まっていません。

つまり、保管方法など風水などを基にして、金運アップになるようなことをすれば当選に近づくという考え方もあるのです。

風水から考える金運アップの保管場所

金運が集まるという財位は玄関

風水では、金運は玄関から入ってくると考えるようです。

家の入り口である玄関から入った金運は、部屋の隅に集まります。

この金運の集まる場所を「財位」といいます。

財位の場所は、部屋の入り口から見て対角線上にある隅になるようで、もし部屋の入り口であるドアが部屋の右ならば、部屋を斜め左へ対角線に横切って左奥の隅が財位、ということになるようです。

つまり入口から対角線上にある部屋の隅がよいということですね。

暗くて冷たい場所がよい

風水では、お金は暗いところで増えるとも言われています。

古代中国では、お金を壺に入れて、地中で保管すると増えると言われていたそうです。

もちろん似たような環境があればその通りにするのもよいですが、なかなか壺がある家庭も少ないのでは・・・

ということで、環境として一番近いのではないかと思われる、冷蔵庫の中を宝くじの保管場所としている方が多いようです。

と言っても宝くじは紙なので水分には要注意です。

自分に合った保管方法を選ぶ

風水などでは人それぞれに属性があり、適した場所や色も違うといいます。

自分の属性などを調べラッキーカラーや場所などを調べて、それに対応した場所というのも保管場所の一つでしょう。

高額当選者の保管方法のまねをする

手っ取り早いのは実際に高額当選した人の宝くじの保管方法をまねるというものですね。

もちろんその方が風水などに基づいてやっていればその方法になりますが、そうなると上で書いたように、同じとは限らないので、それもまた問題ではあります。

ちなみに高額当選者の保管方法を調べてみると以下のような感じになりました。

机の引き出し:224人/26.0%
神棚・仏壇:164人/19.1%
カバン・ハンドバッグ93人/10.8%
財布:89人/10.3%
タンス:82人/9.5%

さて、あなたはどう保管しますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする